重要無形文化財技術保持者 喜多川俵二 作
有職織物/浮線丸文:九寸名古屋帯

『有職織物』とは、奈良時代に大陸から伝来した織物が、平安時代の頃より和様化した絹織物で、朝廷をはじめ皇家、貴族に用いられる装束や調度品に使われて来ました。二陪織物(ふたえおりもの)、錦織、綾織、穀、浮織物、紗などの多岐にわたる染織技法によって、品格の高く、洗練された美しさを伝えます。現在では、宮中の儀式用服飾・神宮式服・神宝等を通じて伝承されている織物です。
平安時代より継承されている宮中、神宮などの形式的な装飾である有職織物は、日本の織物文化の最高の美意識を有していると言われています。

この『有職織物』は、室町時代より『俵屋』を屋号とする機屋がその制作を担って参りました。現在の当主はその十八代目喜多川俵二氏であり、『有職織物』の分野にて文化庁より重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けられています。

こちらに掲載をさせて頂いたのは『有職織物』の中で最も有名な文様「浮線丸文」。四つ目文を織り出して地紋として、その上に「上紋(うわもん)」となる浮線丸文を地紋とは別の色糸で織り出した「二陪織物」で織られています。

美しく、雅やかで、かつ、気品に満ちた織物です。

浮線丸紋九寸名古屋帯はこちらのページからご注文を承ります。