手描き更紗九寸名古屋帯
Javanese Batik
Indonesia
Produce by Reisia(藤井礼子)

インドネシアで制作されたこのジャワ更紗染め帯は、生地制作から、図案構成、染色と制作に関わるすべてを近代化されていない手仕事でつくられています。

更紗模様のすべては伝統的ジャワ更紗制作で使われるチャンチンを使ったろうけつ染めで染め描かれています。そして、このろうけつ染めは、とても細密な仕事が施され、更紗模様のデザインとその彩色と相俟って、エキゾチックで、かつ、とても綺麗に眼に映ります。

素材は、インドネシアで織られた手織の絹布。日本の絹に喩えるならば、座繰引きされた絹織物に近い感覚かもしれません。この絹地に、インドネシアのろうけつ染めはとても良く馴染み、滲むことなくしっかりと染料が浸み込んで行くようで、細密な図案も綺麗に仕上がってくれます。

こちらに掲載をさせて頂きました更紗は、インドネシアならではのデザイン性と色彩感性だけでつくられた図案と彩色で構成され、特に、これ以上出来ない程、細密なろうけつ染めで染め描かれています。
その細密極まりない更紗を背景に、唐草を想わせる草花模様が染め描かれています。彩色は、黒とブルーと、パープル。延々とよく似たデザインの極めて細かい更紗が続くだけの作品です。ここには日本の文化を顧みる感覚はありません。純粋にインドネシアのエレガントな美しさに満ちたジャワ更紗です。

この更紗には”流花”と作品名が付けられていますが、まさに、花が流れて行く様が更紗として染め描かれています。

手描き更紗”流花”染帯はこちらのページからご注文を承ります。