北村武資 経錦

染織家.北村武資制作、経錦袋帯<花鳥文>。

オフホワイトを背景に飛鳥時代より継承される文様がデザインされています。
北村武資氏の作品を観ていると、”現代染織における最高の美しさ”に満ちているように感じることがあります。文様のデザイン性、彩色のバランス、絹織としての質感覚。織物を構成する要素のすべてが、染織家:北村武資の美的な感性によって調和が図られている様に感じられるのです。
作品の基礎デザインは、飛鳥、奈良時代の上代文様から写されることが多い様ですが、北村武資氏の作品として制作されると、そのデザイン性は「古の文様」ではなくなり、現代的な空気感を伴って甦って来るのです。

こちらに掲載をさせて頂いた作品は、正倉院御物に遺された「花鳥文錦」の写しです。
シンメトリーで構成された文様と甘美な彩色、そして、経錦特有の絹の質感が相俟って、深い趣と貴いまでの品位が、雅なハーモニーを奏でているかの様な空気に覆われています。そして、日本的な美意識が現代の織物として実現されているのを感じさせてくれています。

知性的で、かつ、スタイリッシュな装いを演出してくれる袋帯です。
付下、無地印象の織物、色無地などとあわせてお楽しみ下さい。

北村武資 制作【 経錦袋帯 花鳥文】はこちらのページからお問合せを承ります。