勝山健史 オスマン華文

勝山健史 制作:オスマン華文 九寸名古屋帯

勝山健史の作品は、織物として手法やデザインだけではなくて、養蚕より織糸制作に関わり、素材までも自身の求める品質に特化された絹織物です。作品からは、他の絹織にはない質感覚が伝わって来ます。それは、絹が、美しい艶感に満ちているため、まるで僅かに透けて映るかの様な質感覚です。

“オスマン華紋”とタイトルが付けられたこの作品からも、勝山健史の美意識が伝わって来ます。
ほぼ白に近いオフホワイトは、それだけで既に存在感を想わせてくれる程、綺麗に感じられます。そして、そのオフホワイトの中に、織り出された青み掛かった文様は、柔らかい絹の質感の中に浮かび上がっている様にも映ります。こうしたイメージは、勝山健史の作品性のひとつの様です。”絹の艶感”、”デザイン”、”彩色”の調和が美しく図られているために生じる作品性なのだと思われます。

シンプルなデザイン性、そして、絹の美しい存在感は、別格の装いを期待させてくれる筈です。

勝山健史 制作:【オスマン華文 九寸名古屋帯】はこちらのページからお問合せを承ります。